遠近両用を使っていてこんなに便利なものがあることに眼鏡屋でよかったと思うことが、幾度となくあります。
でもそれでもかつて両用の要らなかったときを思えばやはり両用レンズの限界はあるようです。
屈んだままふと目線を上げて細かい指示書を読もうとしても読めません。
顔を上げられない時は尚更です。そんな時は両用の限界を知ります。
(もっとも上に近くの度数を入れる特殊レンズも有りますが)かつての目のようにはなかなか行かなくても、それになるべく近づいたレンズを選んで限界を知りながら掛けることもあるいは両用ライフには必要な事だとも思われます。
階段や段差のあるところで足元がこわい、車や自転車に載った時に距離感がつかめないなどそう言うこわさはあります。
両用レンズは一つのレンズの中で上から下に度数が変化をして行きます。
下を見たり、横目を使うとピントが合いにくい場合があって、それがこわいと言う噂を呼びます。
慣れれば平気なものも最初はとても気になります。(慣れるコツ参照)
大きく分けると境目のないものと境目のある(筋の入ったもの)ものがあり、この二つは見た目だけでなく見え方にも相違があります。
境目のないもの(累進レンズといいます)が主流ですが用途によっては境い目のあるレンズ(二重焦点、三重焦点)が良い場合があります。
それぞれのレンズがまた用途や慣れ安さなどによって数多くのレンズ設計を生んでいます。
ですから遠近両用に使用と思われたら、お店で実際にいろいろなレンズを確めて下さい。
確かに慣れれば便利の良い遠近両用ですが慣れなければ宝の持ち腐れ。
慣らすコツは漫然と掛けないで、必要性を見つけて掛ける事です。
一番早く